性感染症の種類

性感染症は大きく分けて、細菌により感染するもの、ウィルスにより感染するもの、原虫により感染するものに大別されます。

クラミジア、淋病、カンジダ、梅毒は細菌に分類される病原体で、HIV、B型肝炎、C型肝炎、HPVはウィルスに分類される病原体で、トリコモナスは原虫に分類されます。

クラミジア

クラミジア・トラコマチスという細菌による感染症で、男性の症状は、軽い排尿痛や尿道分泌物が現れ、女性の症状は、おりものの異常、不正出血、下腹部痛症状などがありますが、男女ともに症状が出ない人もいます。

淋菌感染症

淋菌の感染により発症する感染症で、男性の症状は排尿痛がありますが、無症状であることもあり、女性の症状は特徴的な症状はなく、膀胱炎や膣炎のような症状が現れます。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫という原虫が膣に寄生することで感染し炎症する性感染症です。

男性の症状は、排尿痛や尿道からの分泌物などで、女性の症状は外陰部の強い痒みや膣の刺激感と、臭いが強い泡状のおりものです。

カンジダ

カンジダという真菌が性器に感染して生じる感染症です。

男性は亀頭の炎症、亀頭からの分泌物などがあり、ほとんど症状が無いケースが多く、女性の症状は白いドロッとしたおりもの、膣口や陰唇、外陰部の炎症などがあります。

梅毒

梅毒トレポネーマの感染により感染する性病です。

1期2期3期4期と進行により症状が重くなるのが特徴で、Ⅰ期ではトレポネーマが侵入した陰部、口唇部、口腔内に無痛性のしこりができ膿を出すようになります。

エイズ

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって発症する性病です。

HIVの初期感染は感染後2-4週で起こるといわれ、多くの場合、数日 – 10週間程度で症状は軽くなり、長期の無症候性感染期に入ります。