性感染症の動向

性感染症は基本的には若年層である20代~30代が最も感染が多いのが現状です。

若年層に多いのがクラミジアで、特に女性に多いのが特徴です。

また、淋菌感染症は風俗店での感染経路が多数とされるので、必ずコンドームを装着するように注意をしましょう。

風俗店では本番行為が無いからと言って安心してはいけません、クラミジアや淋菌感染症は喉に感染するのであらゆる行為であろうとも粘膜や精液が接触する行為が有る時はコンドームを装着しましょう。

そして、症状が軽いからと言って性感染症を放置すると炎症が生殖に必要な器官にまで広がり不妊の原因になるので放置するのは止めましょう。

性感染症は種類にかかわらず炎症になることが多く、炎症ができると出血がありまた、血液の接触の可能性が高まるのでエイズや梅毒、肝炎ウィルスのように重篤な病気に発展する可能性があります。

ですので、疑わしい症状があれば放置はせずに検査を受けるようにしましょう。

エイズは感染力は強くありませんが血液の接触があると感染する危険は飛躍的に高まるので注意が必要です。